剛塊(読み)ごうかい

百科事典マイペディアの解説

剛塊【ごうかい】

クラトン,クラトーゲンまたは安定地塊とも。カンブリア紀以後ほとんど地殻変動を受けない強い地塊楯(たて)状地卓状地をあわせた大陸中核部の安定な地塊。造山帯褶曲(しゅうきょく)帯を意味する用語オロゲンの対。大洋底の調査が不十分だったころ,地震活動などがほとんどない大洋底は古期岩類からなる安定地塊だと考え,大陸地域のものを高位剛塊,大洋地域のものを低位剛塊と呼んだ学者もいた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐かい ガウクヮイ【剛塊】

〘名〙 地殻変動が終わってしまった安定堅固な地塊。古生代のカンブリア紀以後造山運動のない楯状地などをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の剛塊の言及

【安定地塊】より

…古い地質時代に激しい変動を受け,その後は安定化してしまった地殻の部分で,変動帯と対照的な地域。クラトンcraton(剛塊)ともいう。主として花コウ岩や変成岩類からなり複雑な地質構造を示す。…

※「剛塊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android