枢機(読み)スウキ

デジタル大辞泉の解説

すう‐き【枢機】

《「」は戸の枢(くるる)、「」は石弓の引き金》
物事の最も大切なところ。かなめ。要所。「組織の枢機
重要な政務。「国政の枢機に参画する」
ある方面との有力なつながり。縁故。てづる。
「身共が親方、―あって早く承り」〈・新永代蔵・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

すう‐き【枢機】

〘名〙
① (「すうぎ」とも) (「枢」は戸の開閉装置のくるる、「機」は石弓の引き金。ともに大切な場所であるところから) 物事の肝心なところ。かなめ。肝要。枢要。
※凌雲集(814)賀賜新集兼謝〈小野岑守〉「偏恩裒讚神筆麗、謬失枢機味所宜」
※太平記(14C後)二四「世を静め国を治め給ふ枢機(スウギ)なれば」 〔易経‐繋辞上〕
② 国家の中心となる大切な政務や機関。また、それにたずさわる人。
※家伝(760頃)下「替揚帝猷、出則奉輿、入則掌枢機
※日葡辞書(1603‐04)「クニノ sûqi(スウキ)〈訳〉国の柱、支柱」 〔漢書‐魏相伝〕
③ 江戸時代、京坂地方で血統をいった。家柄。血筋。〔男重宝記(元祿六年)(1693)〕
④ 有力なある方面との身近なつながり。縁故。てづる。つて。
※浄瑠璃・椀久末松山(1710頃)下「すうきをもって親立へ、宜敷勘当わびなんに」
※歌舞伎・千代始音頭瀬渡(1785)序幕「たとへ、れそのない者でも、すうき次第で助かった所が、追放か流し者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報