コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田義資 やすだ よしすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田義資 やすだ-よしすけ

?-1193 平安後期-鎌倉時代の武将。
安田義定(よしさだ)の子。文治(ぶんじ)元年源頼朝の知行国越後(えちご)(新潟県)の名(みょう)国司に任じられる。5年頼朝の奥州攻めや建久元年頼朝の京都行きにもしたがった。梶原景時讒言(ざんげん)により建久4年11月28日鎌倉できられ,さらし首となった。通称は田中太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安田義資

没年:建久4.11.28(1193.12.23)
生年:生年不詳
鎌倉初期の武将。甲斐源氏義定の子。文治1(1185)年8月,源頼朝の推挙により,越後守に任ぜられる。建久4(1193)年,女房に艶書を付したことを梶原景時に密告され,頼朝の命により梟首された。

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

安田義資の関連キーワード鎌倉時代安田義定没年

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android