コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田義定 やすだよしさだ

5件 の用語解説(安田義定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安田義定
やすだよしさだ

[生]長承3(1134)
[没]建久5(1194).8.19. 甲斐
平安時代末期~鎌倉時代初期の武将。甲斐源氏の一党。以仁王 (もちひとおう) の令旨を奉じて平家追討の兵をあげ,富士川の戦い平維盛の軍を破り,源頼朝に従って軍功を立て遠江国守護,遠江守に任じられたが,梶原景時の讒言によって,頼朝に誅せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田義定 やすだ-よしさだ

1134-1194 平安後期-鎌倉時代の武将。
長承3年3月10日生まれ。武田(源)義清の子。治承(じしょう)4年源頼朝の挙兵に甲斐(かい)(山梨県)で呼応。富士川の戦いの功で遠江(とおとうみ)(静岡県)の守護となる。源義仲の追討,一ノ谷の戦いなどで活躍。建久4年子の義資(よしすけ)の罪で所領を没収され,5年8月19日謀反の疑いで殺された。61歳。甲斐出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安田義定

没年:建久5.8.19(1194.9.5)
生年:長承3(1134)
平安末・鎌倉初期の武将。甲斐国(山梨県)の住人。甲斐源氏源義清の子で兄清光の養子。治承4(1180)年,源頼朝の挙兵に応じて一族と共に挙兵。富士川の戦の勝利後,源頼朝より遠江国(静岡県)の守護に任ぜられたが,源義仲の上洛(1183)に呼応して入京し,朝廷から遠江守に任ぜられるなど,独自の動きをみせる。その後,義仲討滅や一の谷の戦(1184)に参加するが,頼朝に完全に従属するのは平家滅亡後と考えられる。建久4(1193)年,子の義資の縁座で頼朝の勘気を蒙り所領も没収された。さらに翌年,謀反の疑いで誅殺された。

(三田武繁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やすだよしさだ【安田義定】

1134‐94(長承3‐建久5)
平安末期~鎌倉初期の武将。法名は法光。甲斐源氏武田義清の子。1180年(治承4)以仁王の令旨に応じて甲斐で挙兵し,駿河に進出。富士川の戦で平維盛を敗走させ,源頼朝から遠江の守護に補任される。83年(寿永2)上洛。平家を追討して遠江守になる。91年(建久2)大内守護を勤仕。しかし子の義資の縁座により所領を没収され,94年には頼朝に反逆を企て殺される。【松井 茂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安田義定
やすだよしさだ
(1134―1194)

平安末~鎌倉初期の武将。清和源氏の一流である甲斐源氏の一族。1180年(治承4)源頼朝に呼応して挙兵し、一族の武田信義らとともに駿河に進出。富士川の合戦で平氏を敗走させ、遠江守護となった。その後、源義仲追討、一ノ谷の戦い、奥州合戦に従軍するなど、頼朝軍の有力武将の一人として活躍した。しかし1193年(建久4)子息義資(よしすけ)の艶書事件(義資が鎌倉永福寺(ようふくじ)薬師堂供養の際、参列していた女性に艶書を送ったことを梶原景時(かじわらかげとき)に讒言され梟首された)に縁座して所領を没収され、さらに翌年反逆を企てたとして討伐された。[山本博也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安田義定の言及

【甲斐国】より


【中世】
 甲斐源氏勃興のときは源平争乱期であった。1180年(治承4)信義は以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を奉じ,その子一条忠頼,弟安田義定ら一族を率いて挙兵し,富士川の戦で奇襲戦法によって平維盛の軍を敗走させ,その功で信義は駿河守護,義定は遠江守護に補任された。その後源頼朝の政権が強化されるにともない,甲斐源氏の地位は相対的に低下するが,木曾義仲追討,平家討滅等に転戦し,鎌倉幕府の創業に貢献した。…

【遠江国】より

…平安時代の荘園として,関白藤原頼通領笠原荘,円勝寺領質侶(しどろ)荘などのほか,蒲御厨(かばのみくりや)をはじめとする伊勢神宮領が国内に多数置かれた点に特色がある。【原 秀三郎】
【中世】

[鎌倉~室町期]
 源頼朝は1180年(治承4)8月に伊豆で挙兵し,10月には富士川の戦で平氏軍を破り,遠江守護に安田義定を補任して,みずからは鎌倉に入った。しかし93年(建久4)義定は子義資の罪に縁坐して守護職を解かれた。…

※「安田義定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安田義定の関連キーワード山梨県甲斐市岩森山梨県甲斐市牛句山梨県甲斐市亀沢山梨県甲斐市境山梨県甲斐市志田山梨県甲斐市篠原山梨県甲斐市竜王一条忠頼武田有義武田信義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安田義定の関連情報