コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸守定 あき もりさだ

2件 の用語解説(安芸守定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸守定 あき-もりさだ

?-? 南北朝時代の医師。
延文3=正平(しょうへい)13年(1358)2代将軍足利義詮(よしあきら)の室紀良子(きの-よしこ)のお産に立ちあい,無事男子(のちの3代将軍義満)を出産させる。その功により尚薬(くすりのかみ)となり,嘉慶(かきょう)年間に大膳亮(だいぜんのすけ)に任ぜられた。婦人科医の祖とされる。子孫は代々足利家の産事をつかさどった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あきもりさだ【安芸守定】

14世紀の医師。安芸平氏の出。室町幕府お抱えの日本最初の女科(産科)専門医とされ,1358年(正平13∥延文3)に2代将軍足利義詮(よしあきら)の室,紀良子の出産(子はのちの3代将軍義満)に当たり産事の功により尚薬にあげられ,嘉慶年間(1387‐89)従四位上に叙し大膳亮に任ぜられた。安芸家は代々足利将軍家の産事をつかさどり,その記録として《御産所日記》が知られる。守定の薬としては,竜神伝説にまつわる産前産後薬,神仙散がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安芸守定の関連キーワード室町幕府斯波地奉行頭人八平氏安芸貞守安芸道受安芸守家奈須重恒吉田徳春

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone