コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸守定 あき もりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸守定 あき-もりさだ

?-? 南北朝時代の医師。
延文3=正平(しょうへい)13年(1358)2代将軍足利義詮(よしあきら)の室紀良子(きの-よしこ)のお産に立ちあい,無事男子(のちの3代将軍義満)を出産させる。その功により尚薬(くすりのかみ)となり,嘉慶(かきょう)年間に大膳亮(だいぜんのすけ)に任ぜられた。婦人科医の祖とされる。子孫は代々足利家の産事をつかさどった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あきもりさだ【安芸守定】

14世紀の医師。安芸平氏の出。室町幕府お抱えの日本最初の女科(産科)専門医とされ,1358年(正平13∥延文3)に2代将軍足利義詮(よしあきら)の室,紀良子の出産(子はのちの3代将軍義満)に当たり産事の功により尚薬にあげられ,嘉慶年間(1387‐89)従四位上に叙し大膳亮に任ぜられた。安芸家は代々足利将軍家の産事をつかさどり,その記録として《御産所日記》が知られる。守定の薬としては,竜神伝説にまつわる産前産後薬,神仙散がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安芸守定の関連キーワード南北朝時代安芸貞守

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android