紀良子(読み)きの よしこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀良子 きの-よしこ

1336-1413 南北朝時代,足利義詮(よしあきら)の側室。
建武(けんむ)3=延元元年生まれ。石清水八幡宮社務善法寺通清の娘。3代将軍足利義満(よしみつ),満詮(みつあきら)兄弟を生み,従一位にのぼる。母(智泉聖通(ちせん-しょうつう))が順徳天皇の曾孫にあたることから,義満の皇胤説が生まれた。応永20年7月13日死去。78歳。法名は如光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀良子

没年:応永20(1413)
生年:建武3/延文1(1336)
室町幕府2代将軍足利義詮の妻。義満,その弟満詮らを生む。石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。良子の母が順徳天皇の皇子四辻宮善統親王の孫に当たり,義満の母系に皇統の血が混ざっているところから,義満皇胤説が生まれたとも,義満の皇室接近が行われたともいわれる。義満が25歳という若さで左大臣昇進をとげたのも,良子が皇統の血をひくからかともいわれている。義満の生母として重んじられ,従一位にまで叙せられた。春屋妙葩に帰依した。法号を洪恩院殿月海如光禅定尼という。<参考文献>臼井信義『足利義満』

(西尾和美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きのよしこ【紀良子】

1336‐1413(延元1∥建武3‐応永20)
南北朝~室町初期の女性。石清水八幡宮の検校善法寺通清の娘で,室町幕府2代将軍足利義詮(よしあきら)の妾となり,3代義満および満詮を生んだ。将軍義満の生母として重んぜられ,死の前月従一位に昇叙された。春屋妙葩(しゆんおくみようは)に帰依し,出家して如光という。良子の母が,順徳天皇の皇子四辻宮善統親王の孫に当たるところから,義満皇胤説が生まれた。【佐藤 進一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android