コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤箕山 あんどう きざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤箕山 あんどう-きざん

1738-1781 江戸時代中期の儒者。
元文3年生まれ。安永2年因幡(いなば)鳥取藩につかえ,藩校尚徳館の教授となるが,まもなく辞し塾をひらいて子弟を教育した。門人伊良子大洲,田中由古(よしひさ)らがいる。天明元年4月12日死去。44歳。名は章。字(あざな)は子憲。通称は庄助。著作に「仁説」「仁義礼智信説」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安藤箕山の関連キーワード伊藤千里堀省斎儒者

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android