安藤箕山(読み)あんどう きざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤箕山 あんどう-きざん

1738-1781 江戸時代中期の儒者。
元文3年生まれ。安永2年因幡(いなば)鳥取藩につかえ,藩校尚徳館の教授となるが,まもなく辞し塾をひらいて子弟を教育した。門人伊良子大洲,田中由古(よしひさ)らがいる。天明元年4月12日死去。44歳。名は章。字(あざな)は子憲。通称は庄助。著作に「仁説」「仁義礼智信説」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android