コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良子大洲 いらこ たいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊良子大洲 いらこ-たいしゅう

1763-1829 江戸時代後期の儒者。
宝暦13年1月1日生まれ。安藤箕山(きざん),河田東岡(とうこう)にまなぶ。因幡(いなば)鳥取藩家老乾長孝(いぬい-ながたか)につかえた。赤穂(あこう)浪士を批判した「四十六士論」で知られる。文政12年9月16日死去。67歳。名は憲。字(あざな)は子成,子典。通称は弥左衛門,中蔵。著作に「大洲集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊良子大洲の関連キーワード儒者

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android