コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊良子大洲 いらこ たいしゅう

1件 の用語解説(伊良子大洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊良子大洲 いらこ-たいしゅう

1763-1829 江戸時代後期の儒者。
宝暦13年1月1日生まれ。安藤箕山(きざん),河田東岡(とうこう)にまなぶ。因幡(いなば)鳥取藩家老乾長孝(いぬい-ながたか)につかえた。赤穂(あこう)浪士を批判した「四十六士論」で知られる。文政12年9月16日死去。67歳。名は憲。字(あざな)は子成,子典。通称は弥左衛門,中蔵。著作に「大洲集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊良子大洲の関連キーワードビュート伯ニューフランスラルサ石上私淑言滑稽本鶴屋南北俚言集覧高遊外売茶翁秋山玉山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone