安西 郷子(読み)アンザイ キョウコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

安西 郷子
アンザイ キョウコ


職業
女優

本名
三橋 町子

旧名・旧姓
住野

生年月日
昭和9年 9月27日

出身地
大阪府 豊能郡豊中町(豊中市)

学歴
新北野中〔昭和25年〕卒

経歴
中学卒業後、大阪松竹歌劇団(OSK)入団。昭和28年新東宝入社、内川清一郎監督「半処女」でデビュー。29年野村浩将監督「君ゆえに」でヒロインを演じ、五所平之助の「大阪の宿」、30年藤田進と「リオの情熱」、「柔道流転」で若山富三郎、「俺も男さ」で鶴田浩二、東京映画「忘れじの人」で岸恵子と共演。31年東宝移籍、「婚約三羽烏」で宝田明、次いで菅原謙二、池部良、小林桂樹らと共演、33年「アンコール・ワット物語」で主演。以後メロドラマ、喜劇、サラリーマン物、特撮物などに活躍、総計50本に出演。35年「筑豊のこどもたち」を最後に36年俳優の三橋達也と結婚し引退した。

没年月日
平成14年 12月28日 (2002年)

家族
夫=三橋 達也(俳優)

伝記
秋山庄太郎・自選集〈1〉女の素顔 秋山 庄太郎 著(発行元 小学館 ’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android