安達 謙蔵(読み)アダチ ケンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

安達 謙蔵
アダチ ケンゾウ

明治〜昭和期の政治家 内相;逓信相;衆院議員。



生年
元治1年10月23日(1864年)

没年
昭和23(1948)年8月2日

出生地
肥後国熊本(熊本県熊本市)

別名
号=安達 漢城(アダチ カンジョウ)

学歴〔年〕
済々黌

経歴
九州日日新聞記者として日清戦争に従事した後、朝鮮で「朝鮮時報」「漢城新報」を創刊、社長。明治28年李朝の閔妃事件に連座、入獄。出所後、済々黌創立者で代議士の佐々友房の熊本国権党に参加、35年以来、衆院議員当選14回。帝国党、大同倶楽部中央倶楽部を経て、大正2年立憲同志会結成とともに総務。3年第2次大隈内閣で新設の外務参政官。4年の総選挙では選挙参謀として大勝、選挙の神様といわれた。同年外務政務次官、12年憲政会創立で総務。14年加藤内閣の逓相、次の若槻内閣でも留任。昭和2年民政党結成に働き、4年浜口内閣の内相。5年の総選挙でも圧勝。7年民政党を脱党、国民同盟を設立、総裁となった。10年岡田内閣の内閣審議会委員、15年国民同盟解散、大政翼賛会顧問。17年第2次近衛内閣の参議を最後に政界を引退。横浜に八聖殿、熊本に三賢堂を建て詩吟の普及に努めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

安達 謙蔵
アダチ ケンゾウ


肩書
内相,逓信相,衆院議員

別名
号=安達 漢城(アダチ カンジョウ)

生年月日
元治1年10月23日(1864年)

出生地
肥後国熊本(熊本県熊本市)

学歴
済々黌

経歴
九州日日新聞記者として日清戦争に従事した後、朝鮮で「朝鮮時報」「漢城新報」を創刊、社長。明治28年李朝の閔妃事件に連座、入獄。出所後、済々黌創立者で代議士の佐々友房の熊本国権党に参加、35年以来、衆院議員当選14回。帝国党、大同倶楽部、中央倶楽部を経て、大正2年立憲同志会結成とともに総務。3年第2次大隈内閣で新設の外務参政官。4年の総選挙では選挙参謀として大勝、選挙の神様といわれた。同年外務政務次官、12年憲政会創立で総務。14年加藤内閣の逓相、次の若槻内閣でも留任。昭和2年民政党結成に働き、4年浜口内閣の内相。5年の総選挙でも圧勝。7年民政党を脱党、国民同盟を設立、総裁となった。10年岡田内閣の内閣審議会委員、15年国民同盟解散、大政翼賛会顧問。17年第2次近衛内閣の参議を最後に政界を引退。横浜に八聖殿、熊本に三賢堂を建て詩吟の普及に努めた。

没年月日
昭和23年8月2日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

安達 謙蔵 (あだち けんぞう)

生年月日:1864年10月23日
明治時代-昭和時代の政治家
1948年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android