コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達(読み)あだち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安達
あだち

福島県北東部,二本松市北部の旧町域。阿武隈川の中流域にある。 1955年渋川村,上川崎村,油井村の3村が合体して安達村となり,1960年町制。 2005年二本松市,岩代町,東和町と合体して二本松市となった。農業が主。古くから阿武隈川の流れを利用して上川崎和紙がつくられていたが,第2次世界大戦後はパルプ製紙に押されて衰退。醤油醸造,精密機械などの工場がある。福島市と二本松市の間に位置していたため,ベッドタウン化が進んだ。高村光太郎著『智恵子抄』の智恵子の生家が油井にあり智恵子記念館となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安達の関連情報