コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安部井櫟堂 あべい れきどう

1件 の用語解説(安部井櫟堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安部井櫟堂 あべい-れきどう

1808-1883 江戸後期-明治時代の篆刻(てんこく)家。
文化5年生まれ。京都にすみ,孝明天皇の水晶の御璽(ぎょじ)をほる。のち印司となって官印をつくり,明治7年には大日本国璽,天皇御璽の金印をきざむ。明治16年9月16日死去。76歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は〓(「大」の下に「介」)。字(あざな)は大介。通称は音門,音人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安部井櫟堂の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)東欧演劇アルマン条約電気事業上田秋成検察ブルボン朝高橋石霞スタング(父子)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone