コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋詩鈔 そうししょう Song-shi-chao

2件 の用語解説(宋詩鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋詩鈔
そうししょう
Song-shi-chao

中国,宋詩の選集。清の呉之振,呂留良,呉爾堯 (ごじぎょう) の編。 94巻。康煕5 (1666) 年成立。同 10年刊。宋の詩人 84人の詩集を抄録編集したもので,たとえば王禹しょうの詩は『小畜集鈔』の表題でまとめられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋詩鈔
そうししょう

中国、宋代の詩の総集。正しくは『宋詩鈔初集』という。清(しん)の呉之振(ごししん)、呂留良(りょりゅうりょう)、呉爾尭(ごじぎょう)ら3人の共編。1666年ごろ成立、1671年刊。宋の詩人84人の作品を各人の詩集から抄録したもので、94集からなる。唐詩を絶対視する風潮のなかで、宋詩を称揚するために編纂(へんさん)された。元来100人の詩集を抄録する予定が果たせず、のち清の管庭芬(かんていふん)、蒋光煦(しょうこうく)の2人が『宋詩鈔補』を編み、69人の作品を増補するとともに、初集に欠く16人の詩集を抄録した。宋代の有名詩人はほぼ網羅されており、抄録とはいえ、かなりの分量の作品が収められているので、宋詩を読む場合に重宝である。[和泉 新]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宋詩鈔の関連キーワード古詩紀三体詩列朝詩集呂留良詩格選集唐詩二程全書宋詩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone