コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

完全独占 かんぜんどくせんperfect monopoly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

完全独占
かんぜんどくせん
perfect monopoly

市場において売手または買手が1人で競争者がまったくない状態。売手が1人の場合を供給独占 (専売品の塩,たばこ,公益事業の電力,ガス,水道など) ,買手が1人の場合を需要独占 (購買組合の一括購入,消費者の不買同盟など) ,売手,買手ともに1人の場合を双方独占 (軍需品企業と政府の関係など) という。完全競争市場ではないため,独占者は市場価格を所与のものとして行動するのではなく,限界収入が限界費用に一致するよう価格と生産量を決定する。このとき,価格が最適な資源配分を行うメカニズムが失われ,経済効率が阻害される。 (→独占 , 不完全競争 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

完全独占の関連キーワードチェンバリンロビンソンメロン財閥アルコアトラスト東京電力寡占

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

完全独占の関連情報