宍戸氏(読み)ししどうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ししどうじ【宍戸氏】

中世の常陸および安芸国の豪族。宍戸氏の祖家政は下野宇都宮氏の庶流八田知家の四男と伝える。家政は父知家の所領のうち常陸小鶴荘,安芸高田郡内の地,備中深瀬などを継承,小鶴荘内の地宍戸(,茨城県友部町)を名字とした。同氏は鎌倉時代をつうじて,しばしば常陸守護の地位についている。これは本宗の小田氏内訌当主幼年に際し,嫡流に代わってその地位を得たもののようである。南北朝時代には終始足利氏に味方し,南朝についた小田氏の衰退と対照的な姿をみせている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宍戸氏の関連情報