コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗康親王 むねやすしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗康親王 むねやすしんのう

828-868 平安時代前期,仁明(にんみょう)天皇の皇子。
天長5年生まれ。母は藤原沢子光孝天皇の同母兄。四品,大宰帥(だざいのそち)兼中務卿(なかつかさきょう)となった。嘉祥(かしょう)3年(850)父天皇の入道にしたがい出家貞観(じょうがん)10年6月11日死去。41歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宗康親王の関連キーワード皇子

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android