コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗道 そうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗道
そうどう

茨城県南西部,下妻市南部にある旧村域。 1889年村制施行。 1955年2村と合体して千代川村となり,2006年下妻市に編入。江戸時代から明治期にかけては鬼怒川に面して宗道河岸があり,大正時代の下館と取手を結ぶ常総鉄道 (1965関東鉄道に統合) 開通まで,鬼怒川水運の要地として繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の宗道の言及

【千代川[村]】より

…中央を鬼怒川,東境を小貝川が南流し,東半部が低地,西半部が台地となる。中心集落の宗道(そうどう)は明治時代まで鬼怒川水運の要地で,下館,筑波一帯の物資の集散地として栄えた。かつては桑の栽培が盛んであったが,現在は米作と野菜生産が中心となっている。…

※「宗道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗道の関連キーワード千代川(旧村名)千代川[村]建長寺庭園飛騨(市)茨城(県)長谷川等伯少林寺拳法京極高次密教美術惟宗道成森 隆介常蓮寺双林寺黒住教公安派袁中道天童山袁宏道今井時宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗道の関連情報