千代川(読み)せんだいがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千代川
せんだいがわ

鳥取県東部を北流する川。那岐山,沖ノ山に源を発し,途中で八東川,佐治川,袋川などを合せて鳥取市賀露で日本海に注ぐ。全長約 52km。上流の峡谷部に芦津三滝,雨滝,大鹿滝などがある。中国山地の北斜面を浸食し,中・下流域鳥取平野を形成,河口部には湖山池や鳥取・湖山砂丘が発達する。かつては水害の多い川であったが 1923年の改修により治水が完成,鳥取平野の灌漑,水力発電に役立っている。

千代川
ちよかわ

茨城県南西部,下妻市南部の旧村域。鬼怒川流域にある。 1955年宗道村,蚕飼村,大形村の3村が合体して千代川村が成立。 2006年下妻市に編入。米作中心の農業地域で,ハクサイ,スイカなどの栽培も行なわれる。中心集落の宗道はかつての鬼怒川沿いの河港

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

千代川【せんだいがわ】

鳥取県東部の日本海に注ぐ川。長さ52km。流域面積1190km2。中国山地の那岐(なぎ)山に発して北流し,河原町(現・鳥取市)で八東川と合流,下流に鳥取平野と湖山(こやま)池がある。戦国期末には仙大川などとみえ,江戸時代には鳥取を中心とする商品流通の搬路となった。水害が多かったが,1923年河川改修が行われた。上流は木材多産地。
→関連項目智頭[町]鳥取[県]用瀬[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんだいがわ【千代川】

鳥取県東部を北流する川。岡山・兵庫両県境に近い沖ノ山に源流部があり,中流部で八東川,佐治川を合わせ,下流部で袋川,野坂川などと合流し,鳥取市の賀露(かろ)で日本海に注ぐ。70におよぶ支流は樹枝状の水系を形成し,鳥取県面積の1/3以上の流域を有する。幹川流路延長52km,全流域面積1190km2。流域の大半が山地で,智頭(ちず)川,八東川流域は森林に恵まれ,西日本有数の林業地帯を形成する。中流部には国中(くになか)平野,下流部には鳥取平野がひろがる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕千代川(せんだいがわ)


鳥取県東部を流れる川。1級河川(千代川水系)。延長52km。流域面積1190km2。八頭(やず)郡智頭(ちづ)町南東部の沖ノ(おきの)山(標高1318m)南方の岡山県境近くに源を発し、北西流から北流して佐治(さじ)川・八東(はっとう)川などを合わせ鳥取市で日本海に注ぐ。河口両岸には鳥取砂丘(東岸浜坂砂丘西岸の湖山砂丘から成る)が広がる。下流部はかつて水害が頻発したため、大正期に河道改修、近年には河口港の鳥取港の整備が行われた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の千代川の言及

【鳥取[市]】より

…人口14万6330(1995)。市域は千代(せんだい)川下流部の鳥取平野と周辺の山地からなり,県の政治,経済,文化の中心的役割を果たしている。千代川東岸の低湿な三角州に位置する中心市街地は,近世には池田氏の城下町で,袋川下流部の河道を付け替え,池沼などを埋め立てて形成された。…

※「千代川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千代川の関連情報