官地論(読み)かんちろん

世界大百科事典 第2版の解説

かんちろん【官地論】

加賀国守護富樫政親と北陸一向一揆との戦記。1488年(長享2)富樫氏が金沢高尾山城で滅亡するまでを記述。1巻。成立年代,著者不明。4種の異本があり《富麗記》《加賀国中古記》《富樫記》《加州官地論》ともいう。記述に儒学,浄土真宗の教義の引用がみられ,富樫と一揆の立場が公平に扱われている。一向一揆が守護を滅ぼしたありさまを概観するうえでの好史料。《続群書類従》《日本思想大系》所収。【内藤 範子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android