コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定めて(読み)サダメテ

デジタル大辞泉の解説

さだめ‐て【定めて】

[副]
定めし」に同じ。
「貴方は―飽きっぽいと思うでしょう」〈漱石明暗
必ず。
「花開くれば必ず菓を結ぶ、罪を作れば―果を感ずるなり」〈今昔・三・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さだめて【定めて】

( 副 )
(下に推量の語を伴って)さぞ。きっと。さだめし。 「 -帰りが早からうと思うて/にごりえ 一葉
必ず。 「生じぬる者は-死ぬる事也/今昔 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

定めての関連情報