コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定平吾一 さだひら ごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定平吾一 さだひら-ごいち

1876-1912 明治時代の軍人。
明治9年生まれ。32年砲兵少尉となり,日露戦争には大尉として出征。のち軍職をしりぞき,中国問題に関心をもち,中国革命をめざす宮崎滔天(とうてん),黄興(こう-こう)らとまじわるが,病気となり,明治45年2月死去。37歳。岡山県出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定平吾一の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android