コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定点観測 ていてんかんそく

4件 の用語解説(定点観測の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定点観測
ていてんかんそく

(1) ocean station observation 国際民間航空機関 ICAOによって定められた洋上の一定位置に止めた気象観測船による,台風その他の気象擾乱,高層気象海洋気象の観測。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていてん‐かんそく〔‐クワンソク〕【定点観測】

海洋上の定点で、観測船によって行った気象や海洋の国際的な連続観測。日本は四国沖の北緯29度、東径135度の南方定点(T点とよばれた)を担当したが、昭和57年(1982)廃止。
ある一定の地点で、気温や気圧、降水量などの気象要素を連続して観測すること。「定点観測カメラ」
変化のある事象について、一定期間、観察や調査を続けること。「家電の価格の定点観測

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定点観測【ていてんかんそく】

海洋上の気象観測空白地域を補うために行われる洋上の特定地点の定常気象観測。この観測業務を担当する船舶を定点観測船という。海上気象観測,高層気象観測海洋観測のほか,ビーコン業務,海難救助も担当。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定点観測
ていてんかんそく
ocean weather station observation

洋上の一定の所(定点)に観測船が漂泊し、継続的に行う観測業務。定点観測船は数週間で交代し、常時観測結果が得られる。観測は一般には、3時間ごとの海上気象観測、1日2~4回の海上高層観測、海上高層風観測である。そのほか、海洋観測、ラジオビーコン無線標識)などによる航空機への援助、海難に際しての捜索・救助作業などが行われることもある。
 定点観測は第二次世界大戦に際して軍事的要求からアメリカによって開始された。戦後の1950年代に最盛期に達し、太平洋・大西洋の18定点が運営されていた。しかしその後、海洋気象ブイロボットや気象衛星に代替されるようになり、1981年に国際的な定点観測計画は終了し、2002年現在、ノルウェー沖のM点(北緯66度、東経2度)のみが運用されている。日本では中央気象台(現気象庁)が、海上保安庁の設置後はその協力のもとに、1947年(昭和22)10月から北太平洋のX点(北緯39度、東経153度)、48年9月からはこれに加えて四国沖のT点(北緯29度、東経135度)での観測を通年運営していた。X点・T点とも53年までで打ち切りになったが、T点での観測だけは54年から81年まで、夏の台風時期の6か月間に限って実施された。定点観測で得られた海洋・気象データは、連続的で長期間にわたったことから、長期的な大気・海洋変動などの調査・研究の進展に多大の寄与をした。[半澤正男・佐伯理郎]
『中井俊介著『海洋観測物語――その技術と変遷』(1999・成山堂書店) ▽饒村曜著『台風と闘った観測船』(2002・成山堂書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定点観測の関連キーワード気象観測船海洋観測船二酸化炭素観測定点定点観測船洋上ブイロボット南極観測隊南極観測船宗谷海洋観測指針

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定点観測の関連情報