コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定珍 じょうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定珍 じょうちん

1534-1603 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)3年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)逢善寺の雄海に師事。のち比叡(ひえい)山でまなぶ。元亀(げんき)元年逢善寺にもどり学頭。関東天台を再興したひとり。天台の系譜を編集した「日本大師先徳明匠記」のほか,「素絹記」「宗満集」などおおくの著作をのこした。慶長8年1月28日死去。70歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定珍の関連キーワード織豊時代天文

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android