定珍(読み)じょうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定珍 じょうちん

1534-1603 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)3年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)逢善寺の雄海に師事。のち比叡(ひえい)山でまなぶ。元亀(げんき)元年逢善寺にもどり学頭。関東天台を再興したひとり。天台の系譜を編集した「日本大師先徳明匠記」のほか,「素絹記」「宗満集」などおおくの著作をのこした。慶長8年1月28日死去。70歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定珍の関連情報