コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定線観測 ていせんかんそくfixed line observation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定線観測
ていせんかんそく
fixed line observation

海洋の大規模かつ長期的な変動を知るため,観測定線を決めて繰り返し観測すること。日本では 1918年頃から全国に数十の観測線を定めて,毎月,隔月,四季ごとに観測が行なわれるようになった。海洋学の進歩,観測機器の改良,観測船拡充などにより,しだいに精密な観測が行なわれるようになり,近年では気候変動の要因の一つである二酸化炭素の海洋中の状況を定量的に把握している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android