コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定覚 じょうかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定覚 じょうかく

?-? 鎌倉時代の仏師。
康慶の次男といわれる。建久5年(1194)東大寺中門の二天像を快慶とともにつくり,翌年の東大寺大仏殿の供養に際して法橋(ほっきょう)となる。7年大仏殿の脇侍(きょうじ)像,四天王像を康慶,運慶,快慶とともに制作した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

定覚の関連キーワード千本閻魔堂ハリマン引接寺阿仏尼七覚支勝円

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定覚の関連情報