仮言的判断(読み)かげんてきはんだん

精選版 日本国語大辞典「仮言的判断」の解説

かげんてき‐はんだん【仮言的判断】

〘名〙 論理学で、仮定、条件のもとに言い表わす判断、または命題。「SがPならば(前件)、QはRである(後件)」という形式。仮言的命題。条件判断。仮言判断。
※論理学(1916)〈速水滉〉一「判断の主張に或る条件を要するもの、例へば『春来れば雁北方に帰る』の如きは仮言的判断であって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仮言的判断」の解説

かげんてき‐はんだん【仮言的判断】

論理学で、ある仮定・条件のもとで立言する判断。「もしsがpならば(前件)、QはRである(後件)」という形式をとる。仮言判断。→定言的判断選言的判断

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android