仮言的判断(読み)カゲンテキハンダン

精選版 日本国語大辞典の解説

かげんてき‐はんだん【仮言的判断】

〘名〙 論理学で、仮定、条件のもとに言い表わす判断、または命題。「SがPならば(前件)、QはRである(後件)」という形式。仮言的命題。条件判断。仮言判断。
※論理学(1916)〈速水滉〉一「判断の主張に或る条件を要するもの、例へば『春来れば雁北方に帰る』の如きは仮言的判断であって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android