コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定言的命法 ていげんてきめいほうkategorischer Imperativ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定言的命法
ていげんてきめいほう
kategorischer Imperativ

カントの説いた道徳法則の形式。道徳的実践は命令の形で理性に与えられるが,それは「もし…ならば,…せよ」というように,快とか幸福などのほかの目的のための手段として働くような仮言的性格のものであってはならず,単に「…せよ」という無条件的,絶対的なものでなければならない。それゆえ定言的命法といわれる。それは一切の感性的実質に依存しない純粋形式的な理性そのものの自律的命令である。道徳的理性の自己目的性に基礎をおく,カントのこのような形相的形式主義は,デカルト以来の主体主義的思潮に重要な一時期をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

定言的命法の関連キーワード実践理性批判定言的命令選択

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android