コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定言的命令 テイゲンテキメイレイ

2件 の用語解説(定言的命令の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていげんてき‐めいれい【定言的命令】

《〈ドイツKategorischer Imperativ》カントの道徳哲学で、行為の目的や結果にかかわりなく、それ自体で善なるものとして普遍的に妥当する行為そのものを絶対的、無条件的に命令する実践的原則。端的に「君は…すべし」という命令の形式をとる。定言的命法。断言的命令。無上命法。→仮言的命令

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定言的命令
ていげんてきめいれい
categorical imperative英語
Kategorischer Imperativドイツ語
impratif catgoriqueフランス語

定言命法ともいう。一般的に、道徳的命令のうち無条件的な命令を意味するが、もともとはカントが用いた語である。カントによれば、道徳法則が傾向性を有する人間の意志を規定するとき命令という形をとるが、道徳法則は普遍妥当的でなければならないので、その命令は必然的に定言的である。なぜなら、なんらかの目的ないし結果、たとえば幸福や快楽などを前提とする仮言的命令条件付きの命令)は、その目的や結果自体が普遍的でないがゆえにけっして普遍妥当的でないからである。したがってまた定言的命令は「汝(なんじ)の意志の格率がつねに同時に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ」のように形式的たらざるをえないのである。また普遍妥当性を与えるものは理性以外にはありえないから、この命令は、人間理性が直接人間自身に与えるものである。したがってカントは自己の倫理学を真の意味における自律の倫理学とよぶ。[武村泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone