定言的命令(読み)テイゲンテキメイレイ

デジタル大辞泉の解説

ていげんてき‐めいれい【定言的命令】

《〈ドイツ〉Kategorischer Imperativ》カントの道徳哲学で、行為の目的や結果にかかわりなく、それ自体で善なるものとして普遍的に妥当する行為そのものを絶対的、無条件的に命令する実践的原則。端的に「君は…すべし」という命令の形式をとる。定言的命法。断言的命令。無上命法。→仮言的命令

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定言的命令
ていげんてきめいれい
categorical imperative英語
Kategorischer Imperativドイツ語
impratif catgoriqueフランス語

定言命法ともいう。一般的に、道徳的命令のうち無条件的な命令を意味するが、もともとはカントが用いた語である。カントによれば、道徳法則が傾向性を有する人間の意志を規定するとき命令という形をとるが、道徳法則は普遍妥当的でなければならないので、その命令は必然的に定言的である。なぜなら、なんらかの目的ないし結果、たとえば幸福や快楽などを前提とする仮言的命令(条件付きの命令)は、その目的や結果自体が普遍的でないがゆえにけっして普遍妥当的でないからである。したがってまた定言的命令は「汝(なんじ)の意志の格率がつねに同時に普遍的立法の原理として妥当しうるように行為せよ」のように形式的たらざるをえないのである。また普遍妥当性を与えるものは理性以外にはありえないから、この命令は、人間理性が直接人間自身に与えるものである。したがってカントは自己の倫理学を真の意味における自律の倫理学とよぶ。[武村泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ていげんてき‐めいれい【定言的命令】

〘名〙 (kategorischer Imperativ の訳語) カントが説いた最高の道徳法則の形。快楽や幸福という目的のための手段を命ずる仮言的命令に対して、無条件的な至上命令のこと。定言的命法。⇔仮言的命令

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android