道徳法則(読み)どうとくほうそく

精選版 日本国語大辞典「道徳法則」の解説

どうとく‐ほうそく ダウトクハフソク【道徳法則】

〘名〙 道徳的行為規準となる法則。自然法則と違い、道徳的にこうすべきだという命令をとる法則。法則を、平和・幸福などの理想を実現するための手段としてみなす立場と、法則そのものを絶対的規範とし、それに服従することがで、反するものが悪だとする立場がある。また、法則の根拠として、神・国家などの外的権威に求めるものと、法則そのものに根拠があるとするもの、たとえばカント定言的命法とがある。道徳法。道徳律

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「道徳法則」の解説

どうとく‐ほうそく〔ダウトクハフソク〕【道徳法則】

道徳的行為の基準となる法則。「かくなすべし」という当為の形をとる。この法則を、行為の結果とは独立に、行為そのものを端的に命じるものとして普遍妥当的に実在すると考える義務論的立場や、行為の結果として生じる幸福などの実現のための手段と考える目的論的立場などがある。道徳律。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android