コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道徳法則 ドウトクホウソク

デジタル大辞泉の解説

どうとく‐ほうそく〔ダウトクハフソク〕【道徳法則】

道徳的行為の基準となる法則。「かくなすべし」という当為の形をとる。この法則を、行為の結果とは独立に、行為そのものを端的に命じるものとして普遍妥当的に実在すると考える義務論的立場や、行為の結果として生じる幸福などの実現のための手段と考える目的論的立場などがある。道徳律

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうとくほうそく【道徳法則】

人間がいかに行為すべきかを示す規範・法則。道徳律。 → 定言命法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道徳法則の関連キーワードカント哲学の基本概念神の存在の証明実践理性批判定言的命令定言的命法義務倫理学リゴリズム形式主義自由意志実践理性定言命法認識理由合法性道徳性根本悪傾向性適法性必然性自律懐疑

道徳法則の関連情報