宝尽(読み)たからづくし

精選版 日本国語大辞典の解説

たから‐づくし【宝尽】

〘名〙
① いろいろの宝物を列挙したもの。
※俳諧・武玉川(1750‐76)五「宝尽しにはいるよし原」
② 絵または模様などに、如意宝珠、宝鑰(ほうやく)、打出の小槌(こづち)、金嚢(きんのう)、隠蓑(かくれみの)、隠笠(かくれがさ)などの宝物の形を描いたもの。
※松屋会記‐久好茶会記・天正一四年(1580)四月二三日「上下こん地文砂、中白地、金襴、中からくさ、一文字、風帯もよぎ地、たからつくし小文きんらん」
③ 正月の飾り物の一つ。七宝・宝船・千両箱・小判・大福帳などをかたどった縁起物。柳の枝などにつるしたり、宝船に積んだりして飾る。
※風俗画報‐五〇号(1893)人事門「柳の枝に張子の宝(タカラ)(ツク)しを結び下げ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android