コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝幢 ホウドウ

大辞林 第三版の解説

ほうどう【宝幢】

宝珠で飾った幢はた

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宝幢の言及

【幡】より

…幢幡はこれに似た形で,幡を6流ほど輪に連ねた形をなし,作例はすべて近世以降のものである。ただ石造遺品で八面宝幢(ほうどう),六面宝幢と称するものが鎌倉時代からあるから(香川県長尾寺,石造八面宝幢,2基,弘安6,9年(1283,86)銘。東京都普済寺,石造六面宝幢,延文6年(1361)銘など),この形式の成立は存外古いかも知れない。…

※「宝幢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝幢の関連キーワード茨城県東茨城郡城里町那珂西滋賀県高島市マキノ町海津奈良県生駒市小平尾町妙法院覚胤法親王東京都北区赤羽五山・十刹長岡宮跡春屋妙葩乎古止点汝霖良佐宝幢佩楯円鑑梵相松永永種五智如来妙法院金倉寺淡路国壬生寺大雲寺鹿王院

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝幢の関連情報