コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五仏 ゴブツ

大辞林 第三版の解説

ごぶつ【五仏】

真言宗の両部曼荼羅まんだらで、中央仏である大日如来とその四方にいる四仏。すなわち、金剛界では大日如来と阿閦あしゆく(東)・宝生(南)・阿弥陀(西)・不空成就(北)の四如来、胎蔵界では大日如来と宝幢ほうどう(東)・開敷華王かいふげおう(南)・阿弥陀(西)・天鼓雷音てんくらいおん(北)の四如来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五仏の言及

【五大明王】より

…ただし,台密(天台宗の密教)においては金剛夜叉明王の代りに烏枢沙(瑟)摩(うすさま)明王が加わる。唐代の不空のころに,金剛界五仏(上記明王に対応して,大日,阿閦(あしゆく),宝生,無量寿,不空成就)の教令輪身(きようりようりんしん)(忿怒身)として五尊にまとめられた密教像である。中国の例は,唐代に造られた五大明王鈴(東京国立博物館)しか知られていないが,日本では,宮中真言院における後七日御修法の本尊としての画像,あるいは平安時代に盛んであった五壇法の本尊として造像された。…

※「五仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五仏の関連情報