コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝形造 ほうぎょうづくり

百科事典マイペディアの解説

宝形造【ほうぎょうづくり】

方形造とも書く。屋根の一形式で,隅棟(すみむね)が中央の一点に集まり,水平の棟を作らないもの。方形,六角形,八角形の平面の建築に用いる。
→関連項目鶴林寺寄棟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝形造
ほうぎょうづくり

日本建築の屋根の形式の一つ。方形造とも書き、方形平面の建物の屋根に多い。寄棟(よせむね)造のように雨が四方に流れるが、屋根の頂部に棟がなく、隅棟(すみむね)が屋頂で合しているもの。頂部には露盤(ろばん)、伏鉢(ふくばち)、宝珠(ほうじゅ)を置くが、伏鉢と宝珠の間に受花(うけはな)のつくものもある。宝形造の名は、露盤、伏鉢、宝珠の総称を宝形とよぶのに由来する。宝珠は正しくは如意(にょい)宝珠といい、あらゆる苦難を取り除く宝の珠(たま)の意。ほかに、八面または六面からなる屋根をも宝形造とよぶことがある。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宝形造の言及

【社寺建築構造】より

…また両者の間に桔木(はねぎ)を入れて,挺子(てこ)の原理で軒先の重みを支えることができるので,軒の出を深くすることが可能になった。
[屋根]
 形で分けると,切妻造,寄棟(よせむね)造,宝(方)形(ほうぎよう)造,入母屋(いりもや)造に分かれる。神社建築は本来は切妻造で,後には入母屋造のものもあるが,寄棟造や宝形造のものはない。…

※「宝形造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝形造の関連キーワード鹿苑寺〈金閣寺〉庭園新庄藩主戸沢家墓所延暦寺のおもな堂塔松花堂およびその跡白水阿弥陀堂毛越寺境内四阿∥東屋日本建築林子平墓多賀城碑金色堂富貴寺満月寺浮御堂慈尊院願成寺松花堂慈照寺伏鉢銀閣

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝形造の関連情報