コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方形造 ほうぎょうづくりpavilion roof; square roof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

方形造
ほうぎょうづくり
pavilion roof; square roof

宝形造とも書く。屋根形式の一種。平面正方形または八角形の建物のみにみられる隅棟がすべて中央の一点に集る形式の屋根で,頂上に宝珠などを載せる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうぎょう‐づくり〔ハウギヤウ‐〕【方形造(り)】

屋根の形式の一。隅棟(すみむね)がすべて屋根の頂点に集まるもの。正方形平面の建物に多く、寺院では頂部に露盤宝珠などをのせる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

方形造の関連キーワード白水阿弥陀堂方形・宝形泉崎横穴中尊寺七面造宝形造

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android