コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如意 にょい

6件 の用語解説(如意の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

如意
にょい

僧侶の持つ仏具の一つで,一種の棒。「思いのままになる」という意味がある。『四分律』にすでにみえ,元来は「孫の手」のようなもので,背中をかくなどのために用いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にょ‐い【如意】

[名・形動]
物事が思いどおりになること。また、そのさま。
「彼が文華なるも言魂(ことだま)の資(たすけ)を得ざれば文を成すに―ならず」〈逍遥小説神髄
僧が読経・説法のときに持つ僧具の一。孫の手の形をし、先端をわらび形に巻き曲げたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

如意【にょい】

説法や講経・法会のとき講師が持ち威儀を正す道具。もと背中をかく道具で意の如くなるところから出た語。官吏の(しゃく)のように備忘のためともいわれる。骨,角,竹,木などで製し,孫の手形と雲形とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にょい【如意】

仏事の法具名。棒状でなだらかに曲がり,先端が広がった形をしたもの。木製のほか象牙製,鯨のひげなど素材はいろいろで,先端の部分だけ金属板で装飾的な雲形に作ったものが多い。また柄の部分を玳瑁(たいまい)ばりや螺鈿(らでん)で加飾した豪華なものもある。元来,如意はいわゆる孫の手のように背中をかいたりする日用品で,初期仏教の時代から僧侶が携帯した。古くは爪杖といわれたが,これを用いれば手の届かぬ背中のかゆい所も意のごとくなるところから名付けられたとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にょい【如意】

自分の思うままになること。 「手元不-」 「百事-」
〘仏〙 読経・説法・法会などの際に僧侶が手に持つ仏具。もとは「インドの孫の手」といわれ、棒状で先端が指を曲げたように丸くなっている。骨・竹・木・金属など各種の材料で作る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

如意
にょい

説法、講経、法会(ほうえ)などのとき、僧が手に持つ仏具。癢和子(ようかす)ともよばれる。「まごの手」に似た形をし、長さ約1メートルで、骨角や竹木を刻んでつくられる。その起源については、手の届かない、かゆいところを意のままにかけるからとも、形が篆字(てんじ)の「心」の字に似るからともいうが、無著道忠(むじゃくどうちゅう)の『禅林象器箋(ぜんりんしょうきせん)』の説によれば、説法がさまざまな疑問を解決させること、あたかもかゆいところに手が届くようであることを表したものとする。[永井政之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の如意の言及

【孫の手】より

…手に持って自分の背をかく道具。先端を小さな手のようにつくった竹の棒で,爪杖,あるいは如意ともいう。《和漢三才図会》によれば中国の伝説に由来するといい,漢の桓帝の代に蔡経という男が神仙の王の訪問を受けた際,若くて美しい仙女の麻姑(まこ)に会い,鳥のような爪をしているのを見て,その爪で背中をかいてもらったらさぞ気持ちいいだろうと想像した話が《神仙伝》にある。…

※「如意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

如意の関連キーワードくにゃくにゃ法具鉤の手だらだら下り旋毛曲りなだら・む曲り曲り形講座(高座)大壇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

如意の関連情報