仕手方(読み)してかた

精選版 日本国語大辞典「仕手方」の解説

して‐かた【仕手方】

〘名〙
① 能楽の主人公であるシテ役を演ずる役。また、その系統の諸役、シテ、シテツレ、子方、地謡方を総称していうこともある。
※わらんべ草(1660)五「徳右衛門は、〈略〉仕手がたを仕たる事もなく」
② 職人。職工。
※歌舞伎・宇都宮紅葉釣衾(宇都宮釣天井)(1874)四幕返し「棟梁はじめ仕手方(シテカタ)の与四さんやわたしの亭主、一緒に行った十人の大工は」
③ 江戸時代に湯屋、髪結床などの権利を他人から借りて商売をする人をいう。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android