仕手方(読み)シテカタ

精選版 日本国語大辞典の解説

して‐かた【仕手方】

〘名〙
① 能楽の主人公であるシテ役を演ずる役者。また、その系統の諸役、シテ、シテツレ、子方、地謡方を総称していうこともある。
※わらんべ草(1660)五「徳右衛門は、〈略〉仕手がたを仕たる事もなく」
② 職人。職工。
※歌舞伎・宇都宮紅葉釣衾(宇都宮釣天井)(1874)四幕返し「棟梁はじめ仕手方(シテカタ)の与四さんやわたしの亭主、一緒に行った十人の大工は」
③ 江戸時代に湯屋、髪結床などの権利を他人から借りて商売をする人をいう。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android