コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝生座 ホウショウザ

大辞林 第三版の解説

ほうしょうざ【宝生座】

大和猿楽四座の一。古くは外山座とびざと称した。室町期より宝生座と称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宝生座の言及

【能】より

… 南北朝時代には,諸国の猿楽座の中で大和猿楽近江猿楽が際立つ存在だった。大和猿楽の中心は興福寺支配の4座,すなわち円満井(えんまい),坂戸,外山(とび),結崎(ゆうざき)の座で,これが後に金春(こんぱる)座(金春流),金剛座(金剛流),宝生座(宝生流),観世座(観世流)と呼ばれるようになる。結崎座を率いる観世という名の役者(後の観阿弥)は,技芸抜群のうえくふうに富み,将軍足利義満の愛顧を得て京都に進出し,座勢を大いに伸ばした。…

※「宝生座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝生座の関連キーワード沢村 四郎五郎(4代目)鷺仁右衛門宝生蓮阿弥下掛宝生流不二 洋子大和猿楽外山座蓑正高沾洲宝生鷺流

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android