コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝蔵院胤舜 ほうぞういん いんしゅん

1件 の用語解説(宝蔵院胤舜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝蔵院胤舜 ほうぞういん-いんしゅん

1589-1648 江戸時代前期の槍術(そうじゅつ)家。
天正(てんしょう)17年生まれ。山城(京都府)の人。興福寺の子院宝蔵院の住職胤栄(宝蔵院流槍術の祖)の法をつぐ。胤栄没後,その槍法を旧門弟らからまなび宝蔵院流2代となる。胤栄制定の表15ヵ条に対して裏11ヵ条の形を工夫して体系化した。正保(しょうほ)5年1月12日死去。60歳。号は禅栄房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宝蔵院胤舜の関連キーワード青岡弥左衛門荒川彦太夫打身佐内大庭勘助上村忠徳慶増安太夫清水新助種田正幸鳥山栄庵中山家吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝蔵院胤舜の関連情報