コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝蔵院胤舜 ほうぞういん いんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝蔵院胤舜 ほうぞういん-いんしゅん

1589-1648 江戸時代前期の槍術(そうじゅつ)家。
天正(てんしょう)17年生まれ。山城(京都府)の人。興福寺の子院宝蔵院の住職胤栄(宝蔵院流槍術の祖)の法をつぐ。胤栄没後,その槍法を旧門弟らからまなび宝蔵院流2代となる。胤栄制定の表15ヵ条に対して裏11ヵ条の形を工夫して体系化した。正保(しょうほ)5年1月12日死去。60歳。号は禅栄房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宝蔵院胤舜の関連キーワード宝蔵院胤清魔界転生下石三正

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android