宝雲(読み)ほううん

  • 宝雲 ほううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1791-1847 江戸時代後期の僧。
寛政3年生まれ。浄土真宗本願寺派筑前(ちくぜん)(福岡県)長源寺の住持。諸国遊学ののち,大乗,曇竜にまなび,天保(てんぽう)14年本願寺勧学にすすむ。南渓と同門で,筑前学派の中心的存在であった。弘化(こうか)4年7月6日死去。57歳。筑前出身。号は烏水。著作に「易行品(いぎょうぼん)私記」「唯識文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android