宝雲(読み)ほううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝雲 ほううん

1791-1847 江戸時代後期の僧。
寛政3年生まれ。浄土真宗本願寺派筑前(ちくぜん)(福岡県)長源寺の住持。諸国遊学ののち,大乗,曇竜にまなび,天保(てんぽう)14年本願寺勧学にすすむ。南渓と同門で,筑前学派の中心的存在であった。弘化(こうか)4年7月6日死去。57歳。筑前出身。号は烏水。著作に「易行品(いぎょうぼん)私記」「唯識文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android