コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実事師 ジツゴトシ

大辞林 第三版の解説

じつごとし【実事師】

歌舞伎で、実事を演ずるのを専門とする役者。また、実事に巧みな役者。 「もし人物が善人にて所謂-といふ者ならんか/小説神髄 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の実事師の言及

【実事】より

…実事の〈実〉は写実の実に通じ,ファンタジックなおもしろさをもつ荒事や,ときにコミカルなタッチをもつ和事に対して,実事は《忠臣蔵》の大星由良助の演技などリアルな芸をいう。実事を得意にする俳優を〈実事師(じつごとし)〉という。【渡辺 保】。…

※「実事師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

実事師の関連キーワード山村儀右衛門(初代)今村七三郎(2代)小説神髄立役実方実役

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android