コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楞伽経 りょうがきょう Lanˈkāvatāra-sūtra

6件 の用語解説(楞伽経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楞伽経
りょうがきょう
Lanˈkāvatāra-sūtra

大乗仏教経典。人間の迷いの根源は,無限の過去からの潜在印象 (習気) によって,万物がただ自分の心の現れであること (三界唯心) を知らないでこれに執着しているからであるという主張を中心に,仏教諸学派の学説を豊富に採用している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りょうがきょう〔リヨウガキヤウ〕【楞伽経】

大乗経典。漢訳は求那跋陀羅(ぐなばつだら)・菩提流支(ぼだいるし)・実叉難陀(じっしゃなんだ)による三種が現存。如来蔵思想阿頼耶識(あらやしき)思想とが交流したインド後期の大乗仏教思想を表す。禅宗で重んじる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

楞伽経【りょうがきょう】

大乗仏教の代表的経典の一つ。唯識(ゆいしき)思想と如来蔵縁起について説く。また禅を階程的に4種に分類しているため,中国の初期禅宗で尊重された。サンスクリット原典は《ランカーバターラ・スートラ》で,ほかに3種の漢訳がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょうがきょう【楞伽経】

大乗仏教経典の一つ。原題はサンスクリット語《ランカーバターラ・スートラLaṅkāvatāra‐sūtra》(ランカー城に入って説いた経典)。仏陀が魔王ラーバナの住むランカー城に入って説いたとされる。サンスクリット原典のほか,チベット語訳と3種の漢訳が現存する。漢訳は求那跋陀羅訳《楞伽阿跋多羅宝経》4巻,菩提流支訳《入楞伽経》10巻,実叉難陀訳《大乗入楞伽経》10巻である。全10章からなるが,漢訳4巻本は第1,9,10章を欠き,最も古い形を残していると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りょうがきょう【楞伽経】

如来蔵思想と唯識思想の合流した後期大乗経典。三界唯心・法身常住などを説く。「入楞伽経」一〇巻など3種の漢訳が現存する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楞伽経
りょうがきょう

インドで4世紀後半ごろ成立した大乗経典の一つ。『入(にゅう)楞伽経』ともいう。サンスクリット語でランカーバターラ・スートラLankvatrastraという。舞台をランカー島(スリランカ)にとり、そこの魔王ラーバナを教化するという構想をもっている(これはインドの叙事詩『ラーマーヤナ』の主題を換骨奪胎したもの)ところからその題名(ランカーに入る)を得た。五法・三性(さんしょう)・八識(はっしき)・二無我(むが)によって唯識(ゆいしき)説を説くことを標榜(ひょうぼう)しているが、全体として空性(くうしょう)説に基づき、唯心(ゆいしん)、如来(にょらい)蔵を説くほか、種々の教説が雑多に述べられている。後期成立の経典として、大乗の総合を目ざしたものであろう。その教理を「仏語心」(仏の教えの心髄)と称し、自覚聖智(じかくしょうち)によるその体得を強調している。後代インドで、中観(ちゅうがん)、瑜伽行(ゆがぎょう)両派から尊重され、ネパールでは九種大経の一つに数えられて、梵(ぼん)本が伝承された。中国では、求那跋陀羅(ぐなばっだら)訳『楞伽阿跋多羅宝経(あばっだらほうきょう)』4巻(宋(そう)訳)ほか、菩提流支(ぼだいるし)訳『入楞伽経』10巻(魏(ぎ)訳)、実叉難陀(じっしゃなんだ)訳『大乗入楞伽経』7巻(唐訳)があるが、初訳が菩提達摩(ぼだいだるま)によって喧伝(けんでん)されて以後、禅宗で尊重され、また、如来蔵思想に関して『大乗起信論(だいじょうきしんろん)』の典拠とみなされ、華厳(けごん)宗でも重視された。チベットには敦煌(とんこう)を経て伝わった前記の四巻本からの重訳と、サンスクリット本からの訳の2種が存在する。[高崎直道]
『高崎直道著『楞伽経』(『仏典講座17』所収・1980・大蔵出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の楞伽経の言及

【活仏】より

…チベット語ではトゥルク(sprul sku,化身)またはクケー(sku skyes,御転生)という。仏がこの世に出現させる化身の菩薩は,すべての人々が悟り救われるまで輪廻の世界に生まれかわって救済を続け,自分は理想とされる涅槃(ねはん)に入らないという《楞伽(りようが)経》の教えに基づいて,優れた僧をそのような菩薩とみなし,その死後49日間に受胎されて生まれた者のあいだから転生者を探し出す習慣が生じた。はじめカルマ,カーギュという2派の法主がこの方法で選出され,宗派意識の高揚に役立ったところから,この2派と対立したゲルク派が16世紀半ばに宗派的結束を図ってデープン寺住職の転生者を選んだ。…

※「楞伽経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楞伽経の関連キーワード阿弥陀経華厳経解深密経金光明経サンスクリット劇大無量寿経般若心経法華経法句経理趣経

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone