コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実尊 じっそん

2件 の用語解説(実尊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実尊 じっそん

1180-1236 鎌倉時代の僧。
治承(じしょう)4年10月生まれ。藤原基房(もとふさ)の子。法相(ほっそう)宗。興福寺大乗院の信円にまなぶ。正治(しょうじ)元年維摩会(ゆいまえ)講師。信円の跡をつぎ大乗院門跡(もんぜき)となる。嘉禄(かろく)2年(1226)興福寺別当。安貞2年(1228)同寺の衆徒が対立する多武峰(とうのみね)寺を焼き打ちしたため,責任をとわれ罷免されるが,すぐ復職。翌年大僧正。嘉禎(かてい)2年2月19日死去。57歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

実尊

没年:嘉禎2.2.19(1236.3.27)
生年:治承4(1180)
鎌倉前期の法相宗の僧,興福寺ならびに大乗院の僧。父は関白藤原基房。興福寺信円につき法相宗を修めた。学問に優れ,正治1(1199)年には維摩会講師を勤めている。一方,若くして僧綱を歴任し,建保2(1214)年には権僧正となった。そのころ大乗院第5世となり,嘉禄2(1226)年には興福寺別当となった。安貞2(1228)年,興福寺衆徒と多武峰寺との抗争の責任をとって別当職を罷免されるがすぐ復職し,翌年には大僧正に任ぜられた。寛喜2(1230)年には別当,大僧正両職を辞している。

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実尊の関連キーワード隆温尊信大乗院隆温隆範主恩経尋興昭尋覚隆遍(2)林懐

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実尊の関連情報