コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承円 しょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承円 しょうえん

1180-1236 鎌倉時代の僧。
治承(じしょう)4年生まれ。藤原基房(もとふさ)の子。天台宗顕真より受戒,承仁(しょうにん)法親王にまなび,仙雲より灌頂(かんじょう)をうける。元久2年延暦寺(えんりゃくじ)座主(ざす)になり,建保(けんぽ)2年再任された。座主在任中,日吉社にしばしば参籠(さんろう)した。嘉禎(かてい)2年10月16日死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

承円の関連キーワード尊快入道親王(1)鎌倉時代治承承澄

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承円の関連情報