コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実川額十郎(初代) じつかわ がくじゅうろう

1件 の用語解説(実川額十郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実川額十郎(初代) じつかわ-がくじゅうろう

1782-1835 江戸時代後期の歌舞伎役者。
天明2年生まれ。大坂の初代浅尾工左衛門,ついで2代中村仲蔵門下となり,のち江戸で修業。文政2年帰坂し,京坂と名古屋で活躍。天保(てんぽう)4年実川額十郎とあらため,座頭となる。武道,和事(わごと),実事(じつごと)を得意とした。実川系の祖。天保6年11月4日死去。54歳。前名は中村八百蔵,初代浅尾勇次郎,浅尾額十郎。俳名は延若。屋号は井筒屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

実川額十郎(初代)の関連キーワードフェイト児童文学天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]華岡青洲華岡青洲中村歌右衛門武者小路千家フランツ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone