コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質的平等 じっしつてきびょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実質的平等
じっしつてきびょうどう

形式的平等に対する概念で,実質的,内容的にも正義,公平の理念に適合した待遇を与えることをいう。すべての人に平等法的人格を形式的に保障するだけでは社会に現実に存在する不平等,不公平は是正されない。そのためには,ときには形式的平等を排除しても,各人の違いに応じた待遇を保障するための施策を講じることが要請される。教育の均等を実現するために経済的に修学の困難な者に奨学の方法を講じることが求められているのはその一例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

実質的平等の関連キーワード主権平等の原則農業共同体基本的人権女性運動平等選挙社会権社会法

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実質的平等の関連情報