客恨(読み)かっこん

精選版 日本国語大辞典の解説

かっ‐こん カク‥【客恨】

〘名〙 (「かく」は「客」の漢音) 旅先でのわびしい思い。旅中のうれい。旅愁。客愁。きゃっこん。
※山陽詩鈔(1833)二・客恨「客恨逢春不消、平蕪断靄路迢迢」 〔李端‐送劉侍郎〕

きゃっ‐こん キャク‥【客恨】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android