コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カク

10件 の用語解説(客の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かく【客】

「きゃく」の文語的表現。訪問者・買い手・旅人などのこと。
「牛飼君の―となるは将に大いに驥足(きそく)を伸ぶべき道じゃ」〈魯庵社会百面相
主となるものに対し従となるもの。「主転倒」

かく【客/脚】[漢字項目]

〈客〉⇒きゃく
〈脚〉⇒きゃく

きゃく【客】

[名]
訪ねてくる人。また、招かれてくる人。まろうど。「をもてなす」
料金を払って、物を買ったり、乗り物に乗ったりする人。顧客・乗客・観客など。「の入りが悪い」
旅人。また、止宿人。「不帰の
主体または自分と対立するもの。客体。
「月の題に大仏を詠み合せて大仏が主となり月が―となるとも」〈子規・俳句問答〉
(多く「お客さん」の形で)
㋐ある組織の中で、別格扱いされる人。
㋑勝負事・商売などで、くみしやすい相手。
月経のこと。
[接尾]助数詞。接待用の道具・器物を数えるのに用いる。「吸物椀(わん)五

きゃく【客】[漢字項目]

[音]キャク(呉) カク(漢) [訓]まろうど
学習漢字]3年
〈キャク〉
他人の家を訪れる人。招かれる人。「客人客間先客弔客珍客賓客来客
旅。旅人。「客死客舎
料金を払う利用者。「客車客席観客上客乗客船客浴客
本来のことではなく、一時的なこと。「客員客演
主体・主観に対して外部にあること。「客観客体
〈カク〉
1に同じ。「主客
2に同じ。「客死客舎過客孤客
3に同じ。「旅客
人。人士。「侠客(きょうかく)剣客刺客酒客政客俗客墨客論客
過ぎ去ったこと。「客歳客年客臘(かくろう)
[補説]とも「キャク」「カク」両用する場合も多い。
[名のり]ひと・まさ

まら‐ひと【客/賓】

《「まら」は「まれ(稀)」の交替形》「まろうど」に同じ。
「薬師は常のもあれど―の今の薬師貴かりけり賞(め)だしかりけり」〈仏足石歌

まれ‐びと【客/賓/人】

《まれに来る人の意》
民俗学で、異郷から来訪する神をいう。人々の歓待を受けて帰ると考えられた。折口信夫の用語。
まろうど」に同じ。
「―の饗応なども」〈徒然・二三一〉

まろうど〔まらうど〕【客/賓/人】

《「まらひと」の音変化。古くは「まろうと」》訪ねて来た人。きゃく。きゃくじん。
「観兵の間に設けたる夕餉に急ぐ―、群立ちてここを過ぎぬ」〈鴎外・文づかひ〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゃく【客 kè】

中国では家族・同族・同郷・同国以外の人や来訪者,臨時の寄留者を客,賓,賓客といい,客が主人と面会するときや主人がもてなすときの礼式は五礼の中の〈賓礼〉とよばれて重視される。天子は諸侯を賓礼によって遇し,賓客は礼遇すべきものと観念される。しかし春秋戦国の変動期以後,主家に寄食する〈食客〉がふえると,賓客に対する処遇にも格差が生じ,またその中に〈俠客〉の要素も加わって,やがて客や賓客が居候・とりまきの意味を帯びてくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かく【客】

きゃく。まろうど。 ↔ 「主-転倒する」
いそうろう。食客。客分。 「三千の-わづかに去れり/枕草子 136

きゃく【客】

[0] ( 名 )
その人の家や居所に、招かれたり用があったりしてたずねてくる人。まろうど。 ↔ あるじ 「 -を迎える」
金を払って、物品やサービスを求める人。
物品を買う方の側。顧客。
演劇など興行を見にくる人。観客。
乗り物を利用する人。乗客。
遊女・芸妓と遊興する人。遊客。
自分と対立する、自分の外にある存在。 「いずれを主と見、-と見るか」
旅人。また、寄寓する人。 「東行西行の-は皆知音ちいんにあらず/海道記」
闘茶・組香などで、試みのない茶・香など。
月経の異名。
( 接尾 )
助数詞。客用の道具・器などを数えるのに用いる。 「おわん五-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【賤民】より

…奴婢はいわゆる奴隷であるが,部曲は奴隷と良民の中間にあり,農奴serfに近い存在であった。すなわち,奴婢は本来家内奴隷として発生し,生産労働にはほとんど従事しなかったが,前漢末から後漢時代にかけて大土地所有が発達すると,その耕作者として,荘園主の保護下におかれる隷民が生まれ,客あるいは部曲と呼ばれるようになったのである。客とは外来者,または一時寄留者の意であり,部曲はもと軍隊用語で,部隊の意であるが,後漢末ころから,荘園の客の一群を指すのに用いられるようになった。…

【もてなし】より

…客人に飲食や宿舎を与えてもてなす風習はほとんどあらゆる社会にみられるが,国家の権威が人心にいまだ十分浸透していない段階では,こうしたもてなしは,近代社会における場合とは比較にならぬほど大きな意義をもっている。 まず,そのような社会では,訪れる客のもてなしは個人の自由裁量にゆだねられるものではなく,一般に家や親族集団を単位として行われる社会的義務とみなされている。…

※「客」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

客の関連キーワード

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

客の関連情報