コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室内オペラ しつないオペラchamber opera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室内オペラ
しつないオペラ
chamber opera

小人数の歌手と小規模な管弦楽を用い,舞台装置などにもあまり手をかけないオペラ。 19世紀のグランド・オペラやワーグナー楽劇に対するアンチテーゼとして起り,P.ヒンデミットや G.メノッティの作品が代表的。一方,スカラ座小劇場のように,18世紀の喜歌劇などを簡略化した舞台で専門的に取上げている劇場もある。日本では,東京室内歌劇場が同様の試みを行なっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

室内オペラの関連キーワードブラッハー間宮芳生小人数

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室内オペラの関連情報