宮地宜蔵(読み)みやじ ぎぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮地宜蔵 みやじ-ぎぞう

1838-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)9年10月生まれ。土佐高知藩の郷士。土佐勤王党にくわわり,文久2年吉村虎太郎とともに脱藩。寺田屋事件により土佐へ送還された。ゆるされて京都で三条実美(さねとみ)の護衛をつとめ,天誅(てんちゅう)組の挙兵に参画するが,文久3年7月28日病死。26歳。本姓は田村。名は正覚,正寛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android