コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮地常磐 みやじ ときわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮地常磐 みやじ-ときわ

1819-1890 幕末-明治時代の神職。
文政2年11月15日生まれ。土佐(高知県)潮江(うしおえ)天満宮の神主。鹿持雅澄(かもち-まさずみ)にまなび,門下十哲のひとり。土佐勤王党にくわわり,一時謹慎を命じられる。敬神思想の普及につとめた。明治23年1月15日死去。72歳。名は重房,大重。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮地常磐の関連キーワード明治時代宮地堅磐

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android